日本管区の沿革

ライネルス師

ライネルス師

神言会は1907年に初めて日本の土を踏みました。まず最初に、来日したチェスカ師他2名の宣教師たちは秋田教会を担当しますが、それから秋田、山形、新潟、富山、石川、福井県が新潟教区として編成され、初代教区長に神言会のライネルス師が任命されました。1922年になると、愛知、岐阜、富山、石川、福井が名古屋教区として編成され、ライネルス師が初代教区長に、新潟教区はチェスカ師が教区長に任命されます。
1930年には、現在も多くの人々に親しまれている多治見修道院を設立、管区本部がおかれます。その後20年ほどの間にライネルス師により中学、高校、大学を順次名古屋に設立し、南山学園が発足、さらに管区本部が名古屋に移り、神言神学院も名古屋に設立されました。1950年代は教会の創立ラッシュで、多くの教会が名古屋を中心に創立され、また長崎には南山中高ができます。こうして、秋田、東京、名古屋、長崎を中心とした司牧、教育を中心とした活動の場が整っていきました<詳しくはこちら>。

海外で宣教する日本人会員

海外で宣教する日本人会員

1966年には神言神学院が現在の八雲町に移転しました。こうして海外の神学生の受け入れや、日本人神学生の海外研修、留学など養成段階における国際化が進み、より国際的な管区に成長して行きました。現在日本管区では130人以上の会員が働いていますが、そのうちの半数が外国籍の宣教師で、国際宣教修道会の特色を生かした活動を行っています。また、これまでに台湾、フィリピン、オーストラリア、アルゼンチン、パラグアイ、ブラジル、ガーナ、ケニヤ、ドイツの9ヵ国に宣教師を派遣してきました。2007年には来日100周年を迎え、感謝のうちに新たな一歩を踏み出しました。